パチスロ 1号機

パチスロ 1号機

1号機になるとビッグボーナスが搭載されるようになりました、これによりレギュラーボーナスの連荘が3回保障されることになりました、つまり0号機のようにボーナスが連荘するかは続けてみないと分からないと言う状態から確実に3回保証される状態に改良されたわけです。

 

当然プレイヤーはこのビッグボーナス絵柄を狙うようになったのです、そしてその殆どが7をビッグボーナス絵柄に採用されるようになりました。

 

パチスロ 0号機

 

このパチスロはアーリーバードという機種です、当時はまだ役の抽選方式が完全確立を義務付けられていなかった時代なので吸い込み方式が採用されていました。

 

そのため一定の間隔でコインが払い出されるという小役周期と呼ばれるものが存在していました、たとえば15枚の払い出しがあった後はコイン3枚入れでドラムを13回〜14回まわさないと次の払い出しを得られないということです。
なのでこの小役周期が乱れるとボーナスフラグが立ったと考えられていたのです。

 

その他にリーチ目と呼ばれるボーナスフラグが立った後に表示されるドラム絵柄の組み合わせもありました、液晶演出は勿論のことドット演出さえ無い極めてシンプルなゲーム性でした。

 

ビッグボーナスのフラグが立った状態からビッグボーナスを揃えるまでの動画を用意致しました。

 

 

0号機から1号機へ

 

 

0号機から1号機へのモデルチェンジには流用パーツも結構あるようですね。

 

パチスロ 0号機

 

              0号機 トライアンフ             1号機 ハイアップ

 

 

 

パチスロ 0号機

 

              0号機 トライアンフ             1号機 ハイアップ

 

 

 

 

パチスロ 0号機

 

             0号機 セブンターゲット            1号機 ワンダーセブン

 

 

 

 

パチスロ 0号機

 

             0号機 アメリカーナ              1号機 アメリカーナXX

パチスロ 1号機記事一覧

アメリカーナXX

一号機へと進化したパチスロ アメリカーナは名前にXXが追加されさまざまな工夫がされていてプレイヤーを虜にしていきました。0号機には無かったビッグボーナスを搭載し、前兆パターンも3種類用意されていました。@ 当時のお店には前兆パターンとしてビッグボーナスが揃う前に小役が5回以上揃うと説明書きが貼ってあ...

≫続きを読む


トップページ 0号機 1号機 1.5号機 2号機 スロットマシン 玩具